義経「すね攻撃!」弁慶「いてえええ!参りました部下になります!」←これ

1 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 13:38:56.54 ID:cgM+Q+I10
弁慶弱すぎワロタ

 

2 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 13:39:30.33 ID:AWsZfE0J0
弁慶泣いてるしな

 

4 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 13:39:51.44 ID:4SJcHPMN0
カーフキックやん

 

5 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 13:40:49.51 ID:AWsZfE0J0
弁慶とアキレスは表と裏の関係

 

6 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 13:41:06.57 ID:s36clxFTd
チンコは鍛えても脛は鍛えられんしな

 

8 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 13:45:04.54 ID:Rx8udAXJ0
後世の捏造だろ そんな攻撃基本中の基本だから珍しくもない
大体が鎧や具足で脛もカバーしてるし 歌舞伎で見せ場を作るための無理設定でしょ

 

10 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 13:48:00.57 ID:AWsZfE0J0
>>8
牛若丸と弁慶の対決のエピソードを史実だと思ってるやつ滅多にいないだろw
弁慶の死に様とか

 

11 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 13:48:39.71 ID:RgYtXncLd
>>8
きっと脛だけ鎧つけ忘れてたんやろなぁ

 

27 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 14:48:42.31 ID:ZrxQ0cjCd
>>11
> きっと脛だけ鎧つけ忘れてたんやろなぁ
耳なし芳一か

 

9 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 13:46:08.86 ID:jgWKKNO+M
弱点特効とかいう卑怯な戦法

 

13 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 13:51:44.61 ID:F6bBPOqq0
弁慶は鎧武者じゃなく僧兵のイメージだが

 

14 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 13:56:55.28 ID:2lXmscbj0
矢が大量に刺さっても泣かなかったのにな

 

15 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 14:00:18.27 ID:03TYeS300
「弁慶の泣き所」は弁慶が階段で脛をぶつけた話であって
五条大橋の戦いとは関係ないだろ

 

36 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 16:15:44.93 ID:kNB1SeupF
>>15
これはネオ桃山幕府がわるい

 

16 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 14:01:33.38 ID:9Fdoq/ujr
弁慶の泣き所って「弁慶みたいな強い男でも泣いてしまうほど痛い箇所」って意味かと思ってたら
実際に弁慶が脛蹴られた話があるん?
まぁネイマールでも脛を蹴られた転がり回るからな、実際に蹴られるとキツイよ

 

18 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 14:06:17.23 ID:2lXmscbj0
ネイマールは当たってなくても痛がるから相当だよな

 

22 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 14:18:48.05 ID:HQfwVIpCa
ネイマールの転け所かw

 

26 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 14:47:50.28 ID:mzN/Qlm80
おまえらまだネイマールさんに粘着しよるんかw

 

38 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 16:17:39.58 ID:HaAQSb+I0

弁慶のような強者でも鍛えられない部分はあるという例えだよな

ちなみにアキレス腱と言う言葉も昔の神話か何かで不死身の様に強い英雄アキレスの
唯一の弱点があの部分だったことに由来する

 

41 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 16:26:03.73 ID:kHw8YvR+M
>>38
母親がアキレスを霊薬の流れる河に浸ける際に足首を掴んでザブンと浸けたからその部分だけ霊薬に浸からず不死身にならなかったんだよな

 

39 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 16:24:24.84 ID:msWirWuY0
そもそも当時五条大橋は無い

 

43 名無しさん必死だな 2021/05/17(月) 16:40:03.97 ID:IBGWEL/I0
字面見てたら源平討魔伝やりたくなってきたな

 

引用元: https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1621226336/

コメント

タイトルとURLをコピーしました