週刊文春、田畑毅・自民党議員、二千円で16歳女子高生をレイプ、ハンディカムで抵抗動画も撮影。政治とエロ、お金という新たなワールドへ



2018.2.28発売の週刊文春は

自民党、魔の三期生
比例で議員となった田畑毅議員
16歳女子高生をレイプ

日銀マンの変態性癖を
見ていきたいと思います


ミクシィで積極的に活動、初回は失敗



事件は2010年
まさに田畑氏が議員への準備をしている期間

『おじさんだけどちょっといい?』
『元日銀勤務で今は行政書士をしている』

それを切り札として
女子高生にメッセージを
送っていたという

20代女性とは
フェイスブックからでしたし
全く手口はかわらない

結果、食事で誘い出し、ドライブの後、
インターコンチネンタルのスイートルームへ

セックス誘いのメールでもなく
初対面だというのに
インターコンチネンタルならやれる

と考える、
バカ学歴エリートの脳はヤバイですね

バスローブ姿になり
セックスしようとつめよるも
当然、初対面だし、経験ないし拒絶され

このときはタバコをふかして
ふてくされていたとか


大学受験の相談、レイプ部屋で二千円の強制性校



女子高生との
インターコンチネンタルでのセックスに
失敗した田畑議員

『あの時はごめん』

と頻繁にその後連絡を取ってきたという

そして、秋口
高校二年生で大学受験を控えた女子高生は
アドバイスを求め
田畑議員のレイプ部屋のある錦糸町へ

なんで変な奴に会いに行くのか
問題がありますが

まぁ、早稲田大学卒業で日銀だし
初回は襲撃はしてないし、
てところなんですかね、、

呼び出しに成功した田畑議員は
女子高生に電車賃二千円を渡し
自宅兼事務所に連れ込むと

早稲田大学卒業をアピール

そして
ダンボール箱には
大人のおもちゃがぎっしりあり

『試してみるか?』

と襲撃

避妊具はつけずの中出しセックスで
抵抗する女子高生を
ハンディカムで撮影しつつ

挿入時は

『殺精子剤を使うから』

とレイプ犯顔負けの強制性校を敢行


文春いはく
まだ強姦の時効は過ぎてないとのことで

リアルに余罪たくさんありそうだし
経費でエログッズたくさんかってそうだし

政治とカネとエロ犯罪という
新たな世界に突入です


てか、
インターコンチネンタルからの
二千円強姦はやばいだろ

次の職業は
レイプ盗撮もののAV監督兼男優?

てかお巡りさん
まじでちゃんとやってください

人気おすすめ記事!
芸能・アイドル速報!



この記事へのコメント