週刊文春、盗用・産業スパイ?新潮の罠にはまる。中吊り広告事前入手現場を週刊新潮がおさえる → 新潮、情報収集力のなさの敗北宣言からの宣戦布告 → 文春との彼我差、年間80万部を埋められるか。文春は反撃か、新潮に勝ち目は?



5月18日の週刊新潮5月25日号は

スクープ至上主義の陰で『産業スパイ』!
新潮ポスターを絶え間なくカンニング!
『文春砲』汚れた銃弾

を特集!

1946.png
(c) 新潮社


・週刊文春が、
 週刊新潮の中吊り広告/ポスターをから事前に入手し、
 新潮のスクープ記事を事前に察知

・それを元に取材し
 記事にしていた

という疑惑をスクープ!


・販売前の最新号の内容が書かれた
 中づり広告は
 発売の2日前に作成

・その新潮の中づり広告が
 取次会社の「トーハン」の社員から
 「週刊文春」を担当する文芸春秋の社員に
 貸し出されていた

・週刊新潮最新号では
 この中づり広告をコピーする
 文春担当の社員をとらえた写真を掲載

・朝日新聞の慰安婦報道をめぐる記事などを例にあげ、
 新潮のスクープ記事を盗み取りを取り上げる

とのこと


ライバル会社の情報を入手する文春

すげぇ

つまり、
文春の取材力を含む情報収集能力は
新潮を超えていたことが判明


新潮、事実上の敗北宣言

・真っ向勝負して来い

・姑息な手段は使うな

スパイシステムは
追いつき、射程にとらえた

ある意味、
文春への宣戦布告!


この宣戦布告に文春はのるのか

新潮に勝ち目はあるのか

考えてみた


印刷証明付き発行部数対決

週刊新潮の
敗北宣言ともいえる宣戦布告

その勝敗を占うために
両者の戦力を分析してみたい

以下は日本雑誌協会の印刷部数公表の数字だ


週刊文春
2016.4-6     659,208
2016.7-9     661,000
2016.10-12  666,308
2017.1-3     651,833

週刊新潮
2016.4-6     478,241
2016.7-9     464,239
2016.10-12  458,559
2017.1-3     447,706


文春、年間80万部差で圧勝


疑問に思った

なぜ20万部の差がつくの???


一つはスクープ
ネタの良さ

・朝日新聞の慰安婦報道をめぐる記事などを例にあげ、
 新潮のスクープ記事を盗み取りを取り上げる

 → 慰安婦報道は重要だけど
   そんなんで部数が増えるとはとても思えないのだが
   
   と思ったけど
   ここまで長年の積み重ねだとすると
   文春読めば新潮もたりるよ
   と買い手がなっている可能性あるわね


一つは記事の切れ味
中身を確認した

・文春の中に
 新潮スパイが多数いることが判明w

 新谷編集長の部下に
 裏切者が多数いることが露呈

・普通の人間だったら
 個室でiphoneのカメラで
 その中づりをパシャパシャ取るけど

 あえてコンビニで中づりコピーとか
 現場写真撮られる自体
 そいつ新潮スパイじゃないのかwww

・文春砲の犠牲になった武藤議員
 即刻、自首すべきですって
 いや、お前がな
 ナイス、新潮

・盗作疑惑で、
 パンツ、下着ドロボー
 高木復興大臣とか
 なつかしくてわらったw


というか
人のやったことを
証拠をそろえてつぶすのって
ここまで労力がいるのだなと泣けてきた

様々なルートに
ダミーじゃないが
バリエーションかえて特定して

このお金を取材費にまわせたらね・・
でも社内情報が流出しているなら
特定しないと


つまり
トーハン、終わった


中川議員の重婚スキャンダルとか
新潮砲、かなり(・∀・)イイ!!ので
みんな買って読みましょ!


新潮社、文芸春秋、トーハンのコメント

各社のコメントは以下


週刊新潮を発行する新潮社

・組織的に中づり広告を
 不正に入手していたことに驚きを禁じ得ません
 真相を明らかにすべく調査を続けていきます


週刊文春を発行する文芸春秋

・情報を不正あるいは不法に入手したり、
 それをもって
 記事を書き換えたり、盗用したなどの事実は一切ありません


取次会社のトーハンのコメント

・中づり広告には秘密保持の規定がなく、
 販促物という認識だったが、
 他社に関する情報なので配慮するべきだった

・違法性や今後の対応については
 新潮社などと協議していきたい


トーハンが盾になっているwww
まぁ、流出の直接の責任は文春にないからな

人気おすすめ記事!
芸能・アイドル速報!



この記事へのコメント