【画像】君津学園・私立市原中央高校の副校長、修学旅行で女湯に侵入し女子生徒3人の前で放尿『く●えろ』wwwwwwwwwwwwwwwww



偏差値は60ぐらいの学校

  • 私立市原中央高校の男性副校長(61)が、修学旅行の引率で訪れた京都市左京区の旅館で泥酔して女湯に侵入し、放尿
  • 副校長は今月23日金 午後6時ごろ、旅館で同僚の教員ら約10人と食事中にビールで乾杯 
  • この日が最後の夜で、同僚の労をねぎらおうと、副校長が自ら注文
  • 自ら注文したハーフボトルのワイン2本や日本酒の4合びん1本の大半を飲む
  • 自室で仮眠後の午後9時45分ごろ、泥酔した状態で隣の女湯に侵入し、洗い場で放尿  
  • 生徒の入浴時間は9時半に終わっていたが、脱衣所では部屋着姿の女子3人が片付けをしていた
  • 副校長は学校の調査に「泥酔していたため記憶が全くなく、のぞくつもりは一切なかった」


学校のレベル

  • 1組(特進クラス おもに国公立志望)はピンきり
  • 2組(特進クラス)は大体がMARCHに進学
  • 3~8組(一般)の生徒は大体が日東駒専に進学


市原中央の修学旅行

先生

熱心で生徒思いな先生も多いのですが、3割程は、お世辞にもそうとは言えない先生だと思います。自分の非を絶対に認めない先生、気に入らない生徒の成績を露骨に下げる先生、修学旅行先のホテルにて、他の旅客が居るにも関わらず朝早くから怒鳴り散らす先生、「前年度の生徒は馬鹿ばっかりだった」と、その場にいない卒業生を罵る先生、等々、私の居た年度だけでも沢山の事例がありました。その先生たちも、反面教師として多くの生徒の役に立っていたと思います。

女湯に侵入し放尿する副校長、があらたに追加

校訓は「真心」お茶いれないと

CAD0FADA-7FD0-4FD3-B0A2-63A3086772F9.jpeg


この記事へのコメント