【完全アウト】郵便局サン、かんぽさんと『儲かります、お祝い』詐欺で孫のいるお婆ちゃんから全財産2000万円を奪い去っていた



2018.11.27発売の女性自身によると

  • 郵便局員さん、お決まりのかんぽ保険営業で、お婆ちゃんの全財産を事実上詐取
  • きっかけは学資保険。お孫さんへの贈り物ですね、300万円の保険に加入させる
  • 味を占めた郵便局員さん、頻繁に自宅訪問。養老保険を入っては解約させ、解約返戻金でさらに加入させと、クズ同然の販売
  • 結果、毎月30万円の保険料支払い。お婆ちゃんの全財産2000万円は底をつきた
  • 慌てた姑さんは調査、結果、解約で600万円も損を被っていることが発覚


かんぽくん

今日も営業成績トップだ!
年収二千万円いったぜ

images.jpg


審査くん

へー、お婆ちゃん、アグレッシブだね
80歳から養老保険か
まっ、サインあるし、オッケーオッケー

download.png


かんぽくん

今日の分に、明日の分と、
ストックしちゃだめだけどやめらんねーよ
今日も来たぜ、婆ちゃん

images.png


姑さん

どこがお孫さんへの贈り物なんだ?
死ねや、郵便局です、でドアを開けさすな、カスが!


images.png


かんぽくん

次の学資保険の電話、待つか

MC_chara_body0459.png


273 名前:〒□□□-□□□□ :2019/07/09(火) 18:40:36.04 ID:u3BVHikp
それから記者ども見てるか、
もっとも金を稼げる悪質なかんぽの営業方法を教えてやる。

10年満期1000万円の証書(払込総額が安くて1100万)に、保険料を「2年分だけ(210万円前後)」払い込ませる。

すると、月々9万円程度の積立保険に加入してもらったのと同じような営業手当が手に入る(3~4万円程度)。1000万ちょいの貯金がある客の通帳から、1000万円満期の保険を5本作るということ。(すると手当は15万以上手に入る)

そして2年後、客には「3年目以降、8年分の保険料を払ってください」と通知が届く。その頃に郵便局員は「満期ですよ」とてもうそぶいて訪問。3年目以降の払い込みが残った保険証券を全て解約させる。

すると払い込んだ金額の7~8割が還付される。その時点で大きく損しているわけだが、客は大きい金額が振り込まれるので気がつかない(というか、そういう引き算に無頓着な客を選んでいる)。

その返戻金で、また同じように「2年分」だけ払い込ませて新規契約に加入させる。

これが俗にゆう「2年募集」。なぜ2年か?それは、「新規契約を2年以内に解約されると手当が給料から差し引かれる」からだ。2年以上経って解約されようが、痛くもかゆくもないからだ。 

こんな詐欺営業のターゲットになるのは、もちろん高齢者です。

真面目に取材しろよマスコミ





この記事へのコメント

  • 名無しくーん

    薄利多売の異常ノルマ。普通の保険会社ではありえないから、そろそろ潮時ですね。一日一件は裏で何かあるよね
    2019年07月11日 14:49


最近のコメント!