週刊朝日 小池新党「希望の党」、東京・東海ブロックで躍進?野党共闘なら自民党は単独過半数割れもあり得る展開


download.jpg

衆議院解散で、
週刊誌ネタは
解散総選挙とその結果に
シフトしてきましたね!

やはり
目玉は小池新党と
自民党の単独過半数が維持できるか

希望の党の代表に
小池都知事が就任しましたが
まだ隠し玉がある様子


希望の党に集まる大物

小池都知事の地盤
東京ブロックは
躍進が見込まれる
希望の党

週刊朝日は
東海ブロックにも注目

名古屋の
河村たかし市長

愛知県
大村秀章知事

静岡県
川勝平太知事

の3名は
新党の重要メンバー
若狭勝議員と
細野豪志議員
と結びつきが強いとし

東海ブロックで
希望の党が
躍進する可能性を示唆


そして
全国展開に関しては

脱原発の柱の元で
小泉純一郎元首相も
選挙協力するのでは?とのトーン




自民党敗北の理由

やはり
・森友疑惑
・加計疑惑
・政策

この三本

森友疑惑は財務省問題
背任罪で起訴するか不透明ですが

選挙が終わってしまえば
反対派が
騒いでもたいしたことはないので

選挙後に
不起訴措置がでてくるのではないか


加計学園も
ワインセラーや坪単価高すぎ問題など
出ていましたが

10月末の認可判断を前に
選挙をしてしまえば
こちらもしのげるのではないか

といった論調が
選挙期間中に強化されてくるか
ですね


社会保障充実とか教育無償化は
前原民進党の丸パクリ、
とされてます


こわいのが
北朝鮮問題

強い言葉が
双方からでてきてますので
きっかけがあれば一触即発

攻撃となれば
政治空白が責められる展開も


自民党の議席は?

詳細は、週刊朝日を
というところですが

割れてます

・自民党は2/3には達しないものの
 公明とあわせて2/3を確保

から

・30-50議席を落とすのではないか
 =単独過半数が割れる可能性も

といった論調も

そのキーが学会票

公明党は
安倍首相の憲法改正議論には
前向きではないとのことから

小池新党の動きを見つつ
反安倍もちらつかせるのではないか
といったもの

後は、野党共闘

共産党が暗に協力するなら
票が泣き別れず
2009年の再来も

希望の党には
民進党離党組がキーとしていますので
そこを調整できるか
選挙協力を形にできるかでしょうか


注目の選挙区

東京三区は
石原宏高議員が劣勢
松原仁議員が優勢

東京24区は
学会票などもあり
萩生田光一議員が優勢
としています

週刊現代と似たトーンで
東京ブロックは半減
希望の党が躍進を示唆


豊田真由子議員のいる
埼玉四区は
自民党ではなく
民進党に軍配を上げています

福井一区は
稲田朋美議員、当選

愛知七区は
山尾志桜里議員、劣勢

広島四区は
中川俊直議員、劣勢
民進党が優勢

とでています



投票は10.22
まだまだ時間があります

引き続き追っていきます



この記事へのコメント